年齢別

キャットフードの栄養素

猫が生まれてから食べ続けるキャットフードには、様々な栄養素が含まれている為に猫の体をしっかりと支えるだけの役割があります。
もちろんそのキャットフードの種類によって含まれている栄養素は変わってくるのですが、それは猫の年齢によっても変化するのです。
猫の年齢が幼く、まだ幼少期の頃には子猫用の食事を摂る必要があります。

その後、成長していく上で成猫用、シニア用と言った変化が生まれてくるのですが、基本的には成猫用のキャットフードが最も長期間食べる食事なので、その栄養素についてを説明していきます。
キャットフードに重要な栄養素とは、まずアミノ酸の含まれた食事が絶対に必要不可欠となります。
猫の体内では自分でアミノ酸を生成する事が出来ないので、キャットフードから摂取するしか方法が無いのです。

このアミノ酸には猫の皮膚や皮膚に覆われている毛、更には代謝や再生機能にも大きく関わってくるのです。
アミノ酸には猫の健康だけでは無く、見た目から美しく見せるための成分が多く含まれているのです。
そして、アミノ酸の働きの1つである代謝機能の効果を同様に持つ成分が、ビタミンなのです。

ビタミンには猫の体を作る上で必要な骨を成長させる働きであったり、猫の視覚に大きな役割を持っています。
更に体内でエネルギーに変わる物質の働きを促進する為にも必要なのがビタミンの効果なのです。
人間の体と同様で、ビタミンと言う栄養素も欠かす事ができないのです。

更に猫の体を丈夫に作っていく為に必要なたんぱく質の成分も多く求められ、筋肉や内臓、爪を形成していく為には必須の成分であるのです。
主に肉食動物として本来求められる成分はこのたんぱく質がカギを握っており、猫が逞しく成長する為にも摂取する必要があるのです。
アミノ酸・ビタミン・たんぱく質はキャットフードに絶対に必要な成分であり、これらによって猫の体を健康的に成長させて行く事が可能なのです。
キャットフードの栄養素とは、これらの基盤を中心に形成されており、この他にも猫に必要な栄養価を含めていく事で完成させる事が出来るのです。

このページの先頭へ