年齢別

年齢別のキャットフード

キャットフードには現在、様々なメーカーから販売されており、その種類や内容は多岐にわたる物であります。
もちろんその中から自分の猫に合ったものを選べる事で、猫が毎日安全で健康的な食事を摂る事が可能なのですが、実際には猫の年齢に応じても変化させていく必要があります。
キャットフードとは製造している上での成分であったりどこで作られているかと言う原産国が重要な選考ポイントなのですが、更に猫に快適な食事をしてもらう為には猫の年齢に応じたフードを選んでいく事を意識するべきなのです。

大きく分けて、生まれてから約1年間の期間を指す「幼少期」、幼少期を終えてから7歳前後までの期間を指す「成猫期」、そして成猫期を終えて7歳以上の期間を「シニア期」と呼び、これらの段階に応じたキャットフードが実際に販売されているのです。
各段階によってそれぞれ必要な栄養分であったりカロリーは違ってくるので、猫に最も相応しいものを選んであげるためにも切り替えて使っていく事が重要なのです。
一般的にはキャットフードの中でも総合栄養食と呼ばれた食品が存在し、その食品であれば成猫期・シニア期は共通したフードでも問題はありません。

しかし、幼少期の猫には絶対に年齢に応じたキャットフードを与える事が大切になってきます。
子猫の段階では体内の免疫力や抵抗力が備わっていないために、すぐに体調を壊したり病気になってしまいます。
だからこそ、幼少期の段階では最も種類を意識して選ぶ必要があるのです。

年齢別のキャットフードとは、猫の成長過程に応じて色々と切り替えていく必要があります。
実際には幼少期・成猫期・シニア期といった分類がさせるのですが、各段階で猫に必要な栄養素やカロリーは変わってくるので、その事からもキャットフードに変化を付ける必要があるのです。
更に言えば、幼少期の猫には体内の抵抗力がまだ備わっていないために、成長に必要な成分を摂取して行く事がキャットフードに求められてきます。
キャットフードについて注目すべき内容についても興味深いです。

このページの先頭へ