年齢別

キャットフードを食べない時はどうすればいいの?

猫によって様々なのですが、人間と同じ生き物であるので食事に対して嫌悪感や飽きを感じる事は少なくありません。
実際に毎日同じキャットフードを食べていれば、たまには違う食材を口にしたいと言うのが猫の中での本音であるかもしれませんが、そのような状況に飼い主が気づいてあげる必要性も出てくるのです。
ちょっとした違いやいつもでは見せないような仕草に対して、いち早く察知して対応する事も飼い主の使命になって来るのです。

その中でも、キャットフードを食べなくなった時にはどうすればいいのか、と疑問を抱えている飼い主は案外多いのですが、基本的にアレンジを少し加えてあげる事で解決する事は良くあります。
例えば、通常のキャットフードの上に煮干や小魚などを砕いてかけてあげる事によって、猫にとってはいつもと違う食事と感じて口にする事もあるのです。
キャットフードを食べないからといって無理に強要するのではなく、まずは飼い主が出来る一工夫をしてみるのが一番ベストな解決法なのです。

しかし、キャットフードに対して飽きているのであればこのような対策が取れるのですが、体調を崩したりして食べないケースもあるので注意しなければいけません。
猫によっては体調が悪ければ食事を口にせずに、むしろ吐いてしまう事が良くあります。
いつも通り行動出来ていれば大丈夫なのですが、動きに少し違和感があったり様子がおかしい時は確実に体調の問題だと決めて欲しいのです。

これらの変化がある時であればキャットフードに問題があるのではなく、猫の体調に問題が生じているので動物病院に行く事が良いのです。
これらの事から、猫がキャットフードを食べない理由には様々な状況が背景にある事を考えて、その状況に相当する行動を取るべきなのです。
ただ単に食事に対して飽きているのか、それとも体調がいつもと違うのか、飼い主がしっかりと見極める事で、猫の食生活がまた復活する事は言うまでもありません。

↓キャットフードを手作りするには
  

このページの先頭へ